今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
■9/26(日)

今日は遅刻できません。本番ですからね。というわけで5時に目覚ましをセットしたけど、ヨメはすでにその前に起きておにぎり作ってます。LEGON女子メンバーに差し入れだそうです。おこぼれを貰って私の朝食。正装に着替えてイザ出発だ!

徐々にLEGONメンバーが集まってきます 健闘を拳で誓い合う

例年のことですが、なぜか我が家はLEGON集合場所に一番乗り。まだ真っ暗いカピオラニ公園にはチラホラと参加者の姿があるくらい。しばらくするとボチボチとメンバーが集まってきました。ご挨拶だの記念写真だのインタビュー受けたりだのいろいろやっているうちに、大勢の参加者が集まってきて、そろそろスタート時間。

LEGONフラッグの元に集合例年だと夜も明けきらないうちにスタートなんですが、今年はセレモニーが長引いていてなかなかスタートしません。ただでさえ今年はゴールのリミットがいつもより30分も早くなったというのに。どうやらコース上の道路工事区間で片付けか何かをしていて、それが終わらないらしい。

すっかり明るくなってからようやくスタート。さぁて、行きますか! スタートしてすぐ気がついたのは「空いてる…」いつもだとカピオラニ公園からダイヤモンド・ヘッド辺りまでは上級者初心者入り乱れて大混乱、一番危険な区間なのに、今年は割り込みとかライン無視とかアブナイ奴がいない。マナーが良いというより、絶対数が少なくて気にならないんだな。

そう言えば今年の日本人参加者は約1,000人と、少なかった去年よりさらに500人ほど少ない。走りやすいけど、大会そのものがしぼんでいくようで寂しいね。

気がつくと私、LEGONレディス・トレインを引っ張ってるし。ちょっと踏み込むとすぐ後ろがいなくなるので気が気じゃないし。工事区間に鉄板が敷いてあるので、後ろにサイン出したり声掛けたりでいそがしいし。ハートブレイク・ヒルはさすがにみんなが皆さんマイペースで登られるでしょうから、私は先に上がってお待ちすることに。

体調が悪いと言っていたヨメは、最悪自転車を押して上がってくるかもしれないと思い、上でノンビリ待っているとなかなか来ない。あれ?と思って振り返ったらもうとっくに上がっていていた。早かったのね ^^;) 「どこ見てんのよ!」とお叱り。

サンディ・ビーチ・パークでパチリサンディ・ビーチ・パークでいったんLEGON大集合。は~い、集合写真~! イマナカさんもキヌヨさんも一緒にね~!なんだかLEGON婦人部、じゃないレディースはモデル・ポーズで集合写真撮ってるし。まだ始まったばっかりですよ~ ^^)

この先、マカプーの坂を登った先、海に向かって下って行く坂は、工事中で鉄板が敷いてあるという事前情報。しかも3枚。恐る恐る下って行ったら…鉄板なんて無いよ? 片付けてくれたみたいですね。感謝! 私の前には様子のおかしい兄ちゃん。よく見たピストだよ。必死にペダルを回す、というか回されていて、ある意味滑稽。抜くに抜けなくてこっちもチンタラ下って行く。ここは普通50km/h越えで下るとこなんだよ。面白くない…

ここからは例年LEGON男子部で飛ばしちゃうとこなんですが、今年は大人しくヨメと一緒に走ることに。ほとんど二人旅。車も来ないし、おしゃべりしながらノンビリ走ります。去年から廃止になった「40マイル折り返しポイント&エイド・ステーション」。今年は地元の少年野球チームが寄付を募るための売店が出ていました。便乗商売と勘違いしている人もいましたが、純粋な募金活動ですから。なんか買ってあげてください。かく言う私は買わなかったけど (^_^;)

50マイル折り返し&エイド・ステーション(AS)では LEGON本体が待っていてくれて安心でしたが、どうせ遅れるのがわかっている我々は本体より先にリスタート。そのうちみんなに抜かれ、75マイル折り返し&ASで追いつくというパターン。今年はコースが変更されて、75マイル折り返し&ASも場所が変わっていました。

後ろにはチャナマンズ・ハットHCRがHCRらしいのはここから先。ここから100マイル折り返し&ASまでの区間は海岸線に沿って走るんですが、まるでここまで走ってきた人だけへのご褒美みたいに美しい海岸線なんです。毎年ここを走るために来ているようなもんです。途中、待っていてくれたメンバーとチャイナマンズ・ハットの見える場所でパチリ。通りかかった方にシャッターを切ってもらいました。みんなハジけてます (^_^)



スワンジー・ビーチ・パークで記念写真あっという間に100マイル折り返しのスワンジー・ビーチ・パークに到着。あ~、もう着いちまった・・・。自転車を置いて近くの7-11に昼食の買出し。普段混むことなんてないだろうこの店の店内は参加者の大行列。地元の人にはいい迷惑でしたね。ここでコーラと海苔巻きとアイス・キャンデーを買って(「ナナコ使える?」というお約束のボケをかましながら)、みんなで昼食。写真を撮ったりはしゃいでいるうちにあっという間に時間は過ぎていく・・・。今年はゴール時間のリミットが 30分早くなっているので、我が家の予定ではギリギリ間に合うはず、という計算。それじゃそろそろ帰りますか・・・

HCRのコースは、例年なら来た道をそのまま帰るんですが、今年は100マイル折り返しから75マイル折り返しまでの区間で往路と復路が違っていました。私が去年コケたポイント(通称 "ゆうてんじポイント" )を迂回しています。あの場所で毎年転倒者が続出しているという情報がHCR主催団体に届いていなかったそうで、去年の我々のアピールが功を奏した形となりました。

順調に帰路を走って、最難関ポイント、"マカプーの登り" の手前の7-11で再度補給。パイナップル・アイスが美味でした(「ガリガリ君はないの?」というお約束の・・・)。ここで別のLEGONご夫婦と偶然合流。奥様は初の100マイル走破挑戦中。がんばってね~、ということでひと足先にリスタート。いよいよマカプーです。

帰路の、ちょうど疲労が溜まり始めたあたりにあるこの坂、今年はほとんどの人が自転車を押して登っていました。ヨメは去年もここを自転車を押さずに自力で登っているんですが、今年はあまり体調が良くないと言っていたのでどうなることやら。ヨメのスピードで一緒に登るとこっちが辛いので、いつもは先に上がってヨメを待っているのですが、今年はヨメを先に行かせて一緒に登ることにしました。ゆっくりだけれど着実に坂を登っていくヨメ。自転車を押している人たちをどんどん抜いていきます。おぉ~、なんだかすごいね~。見直しちゃったよ! この先を曲がるともう頂上。もうひと息だ、ガンバレ! と言っているうちに頂上到着!。ヤッター!すごいぞか~ちゃん、大したもんだ~!

ハートブレイク・ヒルを一気に下り、最後のASに到着するとここにも100マイル初挑戦の LEGONご夫婦が。若い奥様はかなり疲れが溜まっている様子。ここで7-11で一緒になったご夫婦とも合流し、先輩主婦が若妻をサポート。「(ゴールの時間に)間に合いますかねぇ?」と心配そうな若ダンナに「大丈夫、ラクショーで間に合いますよ」とアドバイス。実際あと1時間以上余裕がありました。ゴールはここから16kmなので、よほどのことが無いかぎり間にあいます。

ここからはカハラまで72号線をひたすら走る、走る・・・。ちょうど日差しも強くなって、ここが頑張りどころです。ヨメは意外と順調。ダイヤモンドヘッド展望台への坂を登るときは「ビール・・・ビール・・・」と呟きながら何人かごぼう抜き。なにがこの人の原動力になっているんだか・・・。

めでたくゴールイン!そしてとうとうゴール! ヨメは写真写りを計算して、「いま誰か先に行ったみたいだから、ちょっと待って。ゆっくり行って」。はい、お蔭様でゴール前には誰もおらず、いつものように手をつないだゴール・シーンをバッチリ撮っていただきました。

TOPツアーのテントでは先着組がお出迎え。お疲れ様でした~! 去年は感動の涙で世界的に有名になったヨメ(あ、YouTubeで流れたってだけですが)。みんなから「今年は泣かないの?」と突っ込まれてましたが今年は満面の笑顔。体調悪いのによく頑張りました。やがて心配していた若夫婦も無事ゴールイン。よかったね~!

完走証をもらって "自分で" 走行距離のスタンプを押し、いったん散会。ホテルでシャワーを浴びて、お楽しみ、夜の『後夜祭』に突入です!

盛り上がった『後夜祭』

ということで『後夜祭』も大盛り上がりのうちに終了。他のメンバーは呑みに行った?我が家はそろそろ限界。寝よう・・・



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。