今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私たちが参加した90kmコース(海中道路コース)はスタートが 7:30。でもその前に出走サインをしなければいけないので早めにホテルを出発しました。当然ですがまだ真っ暗。ホテルのロビーから一般道に出るまで、真っ暗な敷地内を小さな明かりだけで走るのは怖いです。もともと夜の市街地を走るためのライトしかつけてないので、何にも見えない。街灯くらいつけてくれよ・・・。

スタート地点の『恩納村コミュニティ・センター』には既に 160kmセンチュリー・コースの参加者がかなり集まっています。90kmはまだ数人。それにしても寒い・・・半袖ジャージにビブ・ショーツ、ウインド・ブレーカーという格好はちょっと無謀だったか。走り始めたらすぐ暖かくなるだろうとアーム・カバーをしてこなかったのだけれど、してくればよかった。

そのうちLEGONメンバーもボチボチ集まり始め、親分がTVのインタビュー、雑誌の取材を受けるいつもの光景。その脇で記念写真なんか撮ってる私たち。

ようやく空が白み始めた頃に 160km組がスタート。待っているのは寒い、寒い、サム~イ・・・ここはホントに沖縄か? ようやくスタート・ゲートに並び・・・あれ?なんでおれ一番先頭なの?横に親分。当然ながら親分に焚かれるフラッシュを一緒に浴びる私。そぉっとバックする私・・・と思ったらいきなり耳元で号砲一発! 「おわっ!」「キャッ!」「ビックリ~!」とあちこちで悲鳴。本気でビックリしたぜ!

スタート直後はちょうど沖縄で合宿中のブリジストン・エスポワールの選手が先導してくれました。それほど飛ばすわけでもなく・・・ない。スゲー速いです。後ろを見るとヨメがしっかり付いてきてます(ヨメ曰く、あのスピードがもう少し続いたらちぎれてた・・・)。沖縄の道路は緩くて長~い上り坂と同じような下り坂、それが終わるとまた緩くて長~い上り坂の繰り返しです。「坂は無いって言ったの誰よ~」とヨメ。まだわからんか、自転車乗りは嘘つきなのよ (^^)

BH G4にして一番変わったのは、坂があまり苦じゃなくなったこと。車体が軽いのもそうですが、シートポストの角度が微妙で、シッティングのままスルスルと登れてしまう、気がする。

最初のAS、金武町の『ネイチャーみらい館』に到着。バナナ、サーターアンダギーを補給。このサーターアンダギー、揚げたてて旨いの何の! こんな旨いものだったんだね~。「10分くらいしたら再スタートしてくださいね~」とスタッフのオバサン。でもうちのメンバーはぜんぜんスタートする気配なし。というか、今回同行仲間でお子さん連れのメンバーを待っているんです。お子さん(K君)は小学校 2年生!あの坂の連続は大丈夫だったのかな~、と思っていたら無事に親子で到着。お父さんによると一度も足をつかないで来たそうです。さすが!

K君のレーパン姿が寒そうだからと、メンバーの女性が自分のアーム・カバーをK君に穿かせてみたらピッタリ。たちまちレッグ・ウォーマーに早変わりです。カワユイ・・・

沖縄を走るとそこかしこに基地があります。金武町では有名なキャンプ・ハンセンの前を通りました。ここは一般道を飛び越えて実弾演習をやっていたという悪名高い基地でもあります。本土には無いであろう看板のひとつが、不動産屋の「軍用地売却相談」の看板。オキナワだ・・・

次のAS、うるま市役所に向かう途中の坂でパンクしているメンバー発見。「チューブレスはパンクしないって聞いてたのにさぁ・・・」とブツブツ。エスポワールの平井選手が手伝ってくれていたので私は横で見守るだけ。修理が済む頃にふと気がついた。この二人、遅れを取り戻すためにこの先ぶっ飛ばすよね。それについていったら、確実に死ぬよな・・・。ということで「お先に~」と先行逃げ切りを決意。坂を30km/hで上り、50km/hで下り、何人も追い抜いた先で息を切らせて信号待ちをしていたら、平然とした二人到着。あっという間に追いつかれた orz まあ、50km/h巡航平気な人たちですから。ちなみに平井選手は2008年全日本ジュニアのチャンプ。2009年全日本U23チャンプと、全日本2連覇のものすごい選手です。2008年ツールド沖縄ジュニアでも優勝してます。素顔はシャイです (^^)

この先ちぎられるか死ぬかどっちかだなと思ったら、すぐ先にASがあって助かりました。ここで他のメンバーと合流。サーターアンダギーと黒糖を補給。ここから先はいよいよ海中道路です。

与那城と平安座島を結ぶこの橋は、まさに海の中を走っているような感覚になります。海の色がぜんぜん違う。思わず声を上げてしまいます。橋の途中の『海中道路ロードパーク』に設けられたASで昼食。ここで供されたソーキそばは旨かった! なんともいえない出汁の旨さと麺の食感がたまりません。これをおかずに巨大おむすびをほおばる面々。いやぁ、楽しい~。

後ろ髪を引かれながら (^^) 再スタート。平安座島から浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島チェック・ポイントに到着。ここでゼッケンにスタンプを押してもらって折り返し。さて、帰ろう!






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。