今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日のは長いよ :-)

昨日また行ったんです、多摩川サイクリング・ロード。用事を片付けて昼過ぎに FRD-300 で家を出て、自由通りで中原街道・丸子橋へ。ここまで約8km・30分。今日は羽田まで行ってみようということで、東京側(左岸)を走りました。途中何ヶ所か工事をしていましたが迂回路も舗装されていてとても気持ちよく走れます。天気もいいし、サイコーです。この時点ではまだ今日の結末を知るよしもなく、ノーテンキに走っていました。

大師橋の手前あたりは頻繁に車止があってまともに走れないので、すぐ脇の一般道を走りました。その先、護岸の上の釣り舟屋ののぼりを見ながら「どこかで見たような・・・」あ、何度か来たわ、ここ。そうそうこの『えさ政』!羽田沖のハゼ釣りとか潮干狩りとか何度もお世話になってます。そうか、ここだったんですね。いつも車で連れてこられる、じゃない、連れてきてもらうので細かい場所まで気にしていなかったんだけれど、自分で来ると位置関係が良くわかります。

弁天橋で空港の駐車場から移設された大鳥居を眺め(今回は祟りは無かったんですね)、一休みしてから折り返し。丸子橋まで戻って、今度は橋を渡って神奈川側(右岸)に渡り、どこまで行けるか試してみることにしました。丸子橋から先の左岸はサイクリング・ロードが無く、多摩堤通はとてもじゃないけど怖くて走れません。左岸はきれいに舗装されていてとても走りやすいです。時々橋の下をくぐる時はちょっと荒れた路面になるときもありますが、概ねきれいです。ジャージにレーパンのロード・バイカーも結構いました。

走りながら思ったんですが、ヘルメットを被っている人(つまりちゃんとした格好の人)は”自転車は左”を守っているので、すれ違う時も少しも心配ないのですが、ママチャリとか普通の格好をしている人は、どっちを通るのか良くわからないので怖いです。特に自分を歩行者だと思っているのか右側を走ってくる自転車を見つけたときは、極端に左に寄って「あなたは私の右を通れません」とアピールするようにしています。

ということで、調子に乗って走っていると、気がついたら『登戸茶屋』じゃないですか。時間はもう15時近いし、なんとなく薄暗くなり始めています。そろそろ帰らないとやばいな~、この橋を渡って左岸で帰ろう!ということで多摩水道橋を渡ったのが間違いでした。

右岸と違って左岸のサイクリング・ロードは路面に砂利がたくさんあって、ロード・バイクには厳しい道です。タ、タイヤがかわいそう!きれいにしとけよ、イシハラァ! 神奈川に負けてんじゃねーかよ! しばらく走リましたが堪らず側道へ。その先でようやく舗装された部分に出たのでここからまたサイクリング・ロードを走ります。この先の新二子橋で対岸に渡ればなんとかなるかな~と思いながら走っていると、ニコタマの手前で工事中。けっきょく多摩堤通に出されたらここが大渋滞。テール・ライトを灯け、車を縫うように走ってようやく新二子橋にたどり着きました。

ここで失敗。歩行者用のスロープがあったのでそのまま自転車で昇ったのですが、対岸に渡ったらなんと螺旋階段。自転車を担いでようやく下りたら『自転車は反対側の歩道を走れ』の看板。今ごろ言うなよ。新二子橋に入るときに、反対側に渡っておくべきでした。そのほうが渡ってからもラクです。

もうすでに前後ともライトを灯けないと走れません。失敗したなぁ、調子に乗って登戸まで行かなければ今ごろは・・・再び右岸のサイクリング・ロードを走り始めたときには、暗くて前がよく見えません。歩行者もよく見えないしこんな状況で無灯火で走っているヴァカがけっこういるし、怖えーよ・・・

前に1台、テール・ライトが見えます。ロードバイクみたいだな・・・ついていこ・・・こういうときは前に誰かいると歩行者や対向自転車の心配が少し減るので助かります。感謝!

ところが第三京浜をくぐる時に道を間違えて、うろうろしているうちにその人は見えなくなってしまいました。その先の東横線の鉄橋をくぐる時も道を間違えてうろうろ。暗くて見えないのよ! 気がつけば歩行者も自転車もだーれもいません。こんな時間にこんなとこ走ってるのは私だけ・・・

おまけにそろそろ見えるはずの丸子橋が、いくら走っても見えません。おっかしいなぁ、こんなに遠くは無いはずなんだけど・・・ようやく前方に橋が見えましたが、なんか変だな、おかしい・・・ひょっとして通り過ぎちゃったのかもという嫌な予感は、『ガス橋』の文字を見た瞬間に現実のことになりました。道を間違えてうろうろしている時に、慌てて丸子橋までくぐってしまったアフォな私。しかもJRの鉄橋まで無意識にくぐってしまったのね。

地図を見ながら「どうやって帰ろうかな~」・・・しかたがない、ガス橋を渡って環状8号まで出るか・・・ふと見ると左岸のサイクリング・ロードは下丸子の団地群の明かりのおかげで右岸より少しは明るいし、まだ走っている人もいます。これで丸子橋まで戻ろう・・・。ったく今日はこの道を何回走っているんだか・・・。

ちなみに左岸の丸子橋の手前は工事中で、いったん自転車を降りて河川敷まで降り、トボトボ歩いて再びサイクリング・ロードまで上がります。ちなみに今日3回目・・・。

ようやく中原街道に戻ってきました。時間は17:30。腹へったな~、マックないかな~。環状8号をトボトボと玉川浄水場まで走り、右折して九品仏駅に向かいましたが、そのテの店が何も無い! しかたがないのでそのまま真っ直ぐ、目黒通りまで出ました。ようやく都立大の駅前にマック発見! 一休みしていると家人から電話。「何してんの?何時に帰るの?今どこ?」「いま都立大。いやぁ登戸まで行っちゃってさぁ」「ノボリトってどこ?」「えーとね・・・帰ってから話すわ」

なんとか家に辿り着いたのは19時。あー疲れたぁ・・・。走行距離70kmのとんだポタリングでした。でもこれだけ走っても44マイルということは、今の実力ではホノルル・センチュリー・ライドは50マイル・コースということですね。今回よりは走りやすいとしても、100マイルに挑戦するのは無謀ということがよくわかりました。というか、トレーニングのテーマがはっきりしたのは収穫でした。それに、これだけ走っても軽い筋肉痛だけで膝が痛くなったりしなかったのは、ペダルにクリップをつけているせいもあって”回すペダリング”ができているおかげかもしれません。

ということで、教訓:予定をしっかり立てようね。調子に乗ってはいけません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。