今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
"自転車乗りの端くれ"としては気になるところではあるのですが、今は条件を満たした場所のみ認められている『自転車歩道通行可』を、どこの歩道でも可能にしようという法律が成立間近になっているらしいです。今でも歩行者と自転車の事故がたくさん起きているのにねえ。

そもそも自転車が歩道を走ると、歩行者と自転車の事故が増えるだけでなく、自動車と自転車の事故も増えるという"事実"が・・・


次にあげるのは皆、米国の公的機関が出している「自転車マニュアル」からの抜粋である。

▽米国連邦交通省出資法人「自転車情報センター」

 自転車の歩道通行は、自転車とクルマの衝突事故の重要な原因です。歩道通行は(自転車にとって)危険であるということです。

▽ペンシルバニア州交通省

 歩道はクルマが通らないので、自転車にとっては安全だと思っている人が多い。だが、残念ながら、歩道は安全ではありません。仕方がないとき以外は、歩道を通らないようにしましょう。

▽オレゴン州交通省

 一般的には自転車は歩道を走行してはいけません。多くの自転車とクルマの衝突は歩道で起こっています。

▽フロリダ州の自転車マニュアル

 歩道を走行している人の方が、車道を走行している人より、クルマにぶつけられる可能性は高いのです。

▽カナダ・サスカトーン市「自転車マニュアル」

 歩道は歩行者のものです。歩道では自転車を押して歩きなさい。歩道を走行すると、クルマとの衝突や、クルマにはねられる可能性が高いのです。

 一読、奇妙に思われるだろう。だが、あなたが奇妙に思った点は、決して読み間違いではない。
 各団体が共通して指摘するのは「自転車が歩道を通行すると、自転車と『クルマの』衝突事故が増える」という事実なのだ。

 これはウソのように聞こえるが、真正の本当であって、ヨーロッパでも、この意識は徹底されている。

「歩道走行は安全なように思えて、実は自転車にとって危険。なぜなら車との衝突事故が増えるから」
 なぜそのようなことになるのだろう。

 理由は、自転車の歩道走行は「出会い頭」の元凶だからだ。
 歩道を通行する自転車はクルマの側から視認しにくい。
「歩道沿いには、樹木や、生け垣、駐車車両、建物、玄関口があり、それらが盲点をつくっている(ペンシルバニア州マニュアルから)」からだ。
 それが、こと交差点にかかると、その見えない歩道から、自転車は外にでなくてはならない。そこに自転車事故の主たる原因がある。
 これこそが、いわゆる「出会い頭」というヤツだ。

 その「出会い頭」の事故が、自転車事故の大多数を占めていることは、警察庁も認めているとおり。
 自転車はむしろクルマから容易に視認できる場所、すなわち、車道の方が安全だ、という逆説的事実が、厳然としてあるのである。

 自転車の歩道走行を認めている唯一の国・日本が、先進各国中、「自転車乗車中事故率」が、圧倒的にナンバーワンの謎。それを解くカギがここにある。

 諸君、頭に叩き込んで欲しい。
 歩道通行は、歩行者にとってはもちろんのこと「自転車にとっても危険」なのだ。

(『週刊 自転車ツーキニスト』メールマガジンより抜粋)
------------------------------------------------------------

自動車のドライバーにしてみると、車道を走る自転車は"邪魔"なんでしょうけど、邪魔と感じるということはそれだけ意識しているということなんですよね。歩道を走る自転車はドライバーからは意識されない。だから車が左折する時などに"いきなり"自転車が現れることになるわけです。

ママチャリの自転車マナー、メチャクチャですよね。夜間の無灯火あたりまえ、傘をさしたり携帯片手なんてあたりまえ、歩行者をベルでどかすのあたりまえ、二人乗りや並列で道をふさいでも平気、道路の右側を堂々と走るし(自分を"歩行者の延長"だと思ってるんでしょうね)・・・まあロードの信号無視もしょっちゅう見ますけどね。

こんなママチャリが歩道を走るのだから、歩行者との事故が増えて当たり前です。ましてや身障者やご老人、ベビーカー、車椅子などにとって安全であるはずの歩道が、危険極まりない場所になってしまっている。でもねえ、自動車の運転免許を持っていない(つまり基本的な交通ルールも知らない)ようなオバサン達に、「ママチャリも車道を走れ」というのは、少なくとも東京都内の幹線道路では無理がありますね。

自転車に乗るなというわけにもいかないし、取り締りを強化してもらうしかありませんね。「自動車のスピード違反や信号無視(反則金)より自転車の無灯火走行(科料)のほうが罪が重い」なんていう歪んだ法律(道交法)のお陰で、警察は自転車の取り締まりに本腰を入れないといわれています。まずこれを改正して、歩行者の安全を本気で確保してほしいものです。

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ

コメント

道路交通法

ゆうてんじさん、こんばんは。
今週も筋トレに行ってきました。
そういえば、ちょっと勘違いなさっていらっしゃるかもしれないので
念のためご説明しておきますと、ボクが言う筋トレって、そんなに
スゴくないんですよ。奥歯をギリギリ食いしばって大汗をかきながら
「ハゥゥゥ」みたいなのが一般的な筋トレのイメージだと思いますが、
ボクは残念ながらそんなに根性はないのでラクにあげられる
ウエイトを選んでトレーニングしてます。

さてママチャリですが。
日本の道路交通法に無理があるような気がします。
法律的には自転車は自動車に近いわけですが実際にママチャリ
に乗っている人はむしろ歩行者に近い感覚を持っていると思います。
(事実、我が母親はそうでした。)
道路交通法で取り締まる対象となっている自転車使用者に対して
きちんとした教育もしていませんし、何かあったときだけその
法律を適用するとは少々乱暴かな、という感じが・・・。
なかなか難しい問題です。

ということでまた来週お邪魔します。

  • 2006/12/10(日) 20:08:53 |
  • URL |
  • なべお #P2G3.OAU
  • [編集]

筋トレ

え~と、たぶんそういう筋トレだと思ってました :-) 軽い負荷で長時間、というのがいいんじゃないでしょうかね、やっぱり。

歩道の自転車はやっぱり怖いです。乗っているオバサン達も、他人にぶつけておいて居直りそうで怖いです。いまさらオバサン達への教育は無理としても、子供には学校なりコミュニティなりできちんと走り方を教えてほしいです。平気で夜間無灯火で走る親に「子供にルールを教えろ」ったって無理でしょうから。

  • 2006/12/11(月) 14:23:16 |
  • URL |
  • ゆうてんじ #M8xwwSUo
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。