今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
翌朝、ホテルをチェック・アウトした後、再びレンタカーに乗せてもらって空港を目指しました。車を借りた時、「帰りはカーナビの目的地を "自宅" にセットしていただければ(借りた所に)戻れます」と聞いていたので早速セット。順調に走り出したんですけどね・・・

那覇市内に入るとドライバーが「・・・なんか違うなぁ」。沖縄には何度も来ているドライバー氏は「この辺り、首里城公園なんですけどねぇ・・・」レンタカー会社は空港の近くなんです。ぜんぜん違うんですけど。カーナビの言うまま公園の中に入り・・・すると突然「目的地周辺です」 ウソつけぇ~! ふと見ると瑞泉酒造の前 orz

どうやら前に借りた奴が操作を間違えて(か故意にか)ここを "自宅" に登録してしまったらしい。おまけにレンタカー会社の連中もそれをいちいち確認しなかったらしい。アフォか・・・

慣れないカーナビでレンタカー会社を探し、再びナビ開始。今度は空港の方向に行ってます。が、しばらくすると「あれ?DFSに来ちゃった」登録してあったのはDFS内の営業所だったんですね。とりあえず中に入り係の兄チャンに事情を説明して正しい目的地を入力してもらい、再々スタート。飛行機の出発が迫る中、30分以上のロスだ・・・

ようやくレンタカーを返し、嫌味のひとつふたつ言ってやってから送迎バスで空港へ。帰りのカウンターでは自転車はしごく当然のごとく手運び扱いになりました。素晴らしい! SPLENDIDA!

身軽になってから同行4人でモノレールに乗り那覇市内を見物。といっても国際通りだけですが。途中でソフトクリームなんか食べちゃったりなんかしちゃったりしているうちに伊丹に帰る2人は時間切れ。レンタカーの "自宅騒ぎ" が無かったら昼食一緒にと思っていたんですが、残念ながらここでお別れです。お世話になりました m(__)m

私たちはまだ時間があるので『第一牧志公設市場』を見学。ここは1階で買い物したものを2階の食堂で調理してもらえるので有名です。が、鮮魚店に並んでるのは 皮が青くて身がピンク な熱帯魚とか、皮を剥かれたハリセンボンとかちょっとグロ系ばっかりで食欲わかない。その代わり豚肉系は充実してます。豚のお顔とご対面、生肉だけじゃなくてラフテーとかソーキとかミミガーとか加工品も充実。試食で美味しかったラフテー買ってきました。

2階に上がり美味しそうな食堂で昼食。本場のゴーヤーチャンプルー食べましたよ。何となくひと味違う感じ (^^) 

お土産抱えてモノレールの牧志駅まで歩き始めたものの、駅の直前でメゲてタクシーで空港へ。初乗り¥480だって。何年前の東京だろ。ということで一路、羽田へ・・・

さて、羽田到着。手運びで出てきた自転車を無事受け取り、同じ便だった仲間と別れてから、さてどうやって帰ろうか、考えをめぐらす。ここからOS-500を担いで電車で帰るというのは体力的・気力的に無理。かといってここからタクシーで帰るにはタクシー代がバカにならない。品川まで電車で行ってそこからワゴン・タクシー呼ぶか・・・それも面倒だし、やっぱりここからタクシーか(この間、数秒)ということで羽田からワゴン・タクシーで自宅まで、¥6000ちょっとの出費でしたがラクチンに帰れました。あ~、楽しかった~!


ということで来年も行きますよ、オキナワ! 
どうですか? ご一緒に!


スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
そうそう、途中で出会った少年の話をしなくてはいけません。スタートしてしばらくすると、一人で走っている少年をみかけました。仲間が声をかけるとなんと地元の小学 6年生 "ショウタ君" 。叔母さんと一緒に走っているうちにブッちぎってしまったらしい。普段からロングライドはしているそうですが、90kmという距離は初めてだそうです。バイクはGIOS、ペダルはしっかり SPD-SL。あっという間にみんなのアイドルになり、この後ずっと我々と一緒に走ることになりました。変なおじさん、おばさんたちで迷惑だったかな? でも楽しかったよね。

寡黙な彼は時々メンバーのアドバイスを受けながら黙々と、でも力強くペダルを回し続けます。きつい上り坂ではさすがに遅くなるものの絶対に足は着かない。弱音も吐かず、着実に上っていきます。平地になると大人顔負けのスピードでついてくるし、いつの間にか誰ともなく「未来の新城幸也だ・・・」。こうなると大人も負けるわけにいかない。強い向かい風では彼の風除けになりながら、一緒にゴールを目指します。

再び海中道路を渡ってうるま市役所ASまで戻ると、160kmコース参加の仲間と遭遇!160kmセンチュリー・コースは、100km古宇利島・桜ロードコースと、我々の 90km海中道路コースをつないだような設定になっています。彼らは古宇利島を回ってきて、これから海中道路に向かうそうなので、「この先は坂がきつくて大変だよ~」と脅しておきました (^^)

さてここから約 18kmでゴールです。なんか、早いなぁ・・・。途中でショウタ君の叔母さんと合流。この方、前の日の夕方にロード・バイク(SCOTTよ)を衝動買いして参加。ヨメが見たところサドルの高さも合ってなかったらしい。ショップは何してんだろ。まさか次の日に 90km走るとは思ってなかったのかなぁ。

ようやく、というか、もうゴールに到着。おつかれさ~ん! ゴールインのサインをしにいくとショウタ君のご両親がお出迎え。ショウタ君、君はよく走った!君のことは忘れないよ。

スポンサーご提供のリゲインと『美ら島オキナワ センチュリーラン』特製ラベルの泡盛の小瓶をもらって後夜祭会場へ行ってみるとすでに宴会状態。先にゴールした連中が誰も出迎えに来ないと思ったら、無料マッサージを受けたり地元の特産品をほおばったりと楽しんでいる最中でした。地元TV局が、無事完走した小学2年生のK君にインタビュー。「将来の夢はなんですか?」「ツールドフランス出場です」会場大盛り上がり!

子豚の丸焼きとか特製泡盛パンチも振舞われていましたが、ここで呑んじゃうとホテルまで自転車を押していかなくちゃならないのでグッとお茶で我慢。あ~、早く帰ってビール呑みたひ・・・。ということでヨメと二人で早めに引き上げ、ホテルの大浴場へ直行!

それにしても今回のこの大会、初回にしては運営もしっかりしていたし、コースの案内看板や誘導員の配置も文句のつけようが無いくらいカンペキでした。おまけに各ASで振舞われる食べ物も充実していたし、特に昼食に出た沖縄そばは旨かった! 100kmコースの昼食はいろいろなチャンプルー食べ放題だったらしい。
来年は 100kmにしようっと(行く気マンマン・・・)


さてその夜の打ち上げ/新年会は○▲%■X$#●○▲%■X$#●・・・





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
私たちが参加した90kmコース(海中道路コース)はスタートが 7:30。でもその前に出走サインをしなければいけないので早めにホテルを出発しました。当然ですがまだ真っ暗。ホテルのロビーから一般道に出るまで、真っ暗な敷地内を小さな明かりだけで走るのは怖いです。もともと夜の市街地を走るためのライトしかつけてないので、何にも見えない。街灯くらいつけてくれよ・・・。

スタート地点の『恩納村コミュニティ・センター』には既に 160kmセンチュリー・コースの参加者がかなり集まっています。90kmはまだ数人。それにしても寒い・・・半袖ジャージにビブ・ショーツ、ウインド・ブレーカーという格好はちょっと無謀だったか。走り始めたらすぐ暖かくなるだろうとアーム・カバーをしてこなかったのだけれど、してくればよかった。

そのうちLEGONメンバーもボチボチ集まり始め、親分がTVのインタビュー、雑誌の取材を受けるいつもの光景。その脇で記念写真なんか撮ってる私たち。

ようやく空が白み始めた頃に 160km組がスタート。待っているのは寒い、寒い、サム~イ・・・ここはホントに沖縄か? ようやくスタート・ゲートに並び・・・あれ?なんでおれ一番先頭なの?横に親分。当然ながら親分に焚かれるフラッシュを一緒に浴びる私。そぉっとバックする私・・・と思ったらいきなり耳元で号砲一発! 「おわっ!」「キャッ!」「ビックリ~!」とあちこちで悲鳴。本気でビックリしたぜ!

スタート直後はちょうど沖縄で合宿中のブリジストン・エスポワールの選手が先導してくれました。それほど飛ばすわけでもなく・・・ない。スゲー速いです。後ろを見るとヨメがしっかり付いてきてます(ヨメ曰く、あのスピードがもう少し続いたらちぎれてた・・・)。沖縄の道路は緩くて長~い上り坂と同じような下り坂、それが終わるとまた緩くて長~い上り坂の繰り返しです。「坂は無いって言ったの誰よ~」とヨメ。まだわからんか、自転車乗りは嘘つきなのよ (^^)

BH G4にして一番変わったのは、坂があまり苦じゃなくなったこと。車体が軽いのもそうですが、シートポストの角度が微妙で、シッティングのままスルスルと登れてしまう、気がする。

最初のAS、金武町の『ネイチャーみらい館』に到着。バナナ、サーターアンダギーを補給。このサーターアンダギー、揚げたてて旨いの何の! こんな旨いものだったんだね~。「10分くらいしたら再スタートしてくださいね~」とスタッフのオバサン。でもうちのメンバーはぜんぜんスタートする気配なし。というか、今回同行仲間でお子さん連れのメンバーを待っているんです。お子さん(K君)は小学校 2年生!あの坂の連続は大丈夫だったのかな~、と思っていたら無事に親子で到着。お父さんによると一度も足をつかないで来たそうです。さすが!

K君のレーパン姿が寒そうだからと、メンバーの女性が自分のアーム・カバーをK君に穿かせてみたらピッタリ。たちまちレッグ・ウォーマーに早変わりです。カワユイ・・・

沖縄を走るとそこかしこに基地があります。金武町では有名なキャンプ・ハンセンの前を通りました。ここは一般道を飛び越えて実弾演習をやっていたという悪名高い基地でもあります。本土には無いであろう看板のひとつが、不動産屋の「軍用地売却相談」の看板。オキナワだ・・・

次のAS、うるま市役所に向かう途中の坂でパンクしているメンバー発見。「チューブレスはパンクしないって聞いてたのにさぁ・・・」とブツブツ。エスポワールの平井選手が手伝ってくれていたので私は横で見守るだけ。修理が済む頃にふと気がついた。この二人、遅れを取り戻すためにこの先ぶっ飛ばすよね。それについていったら、確実に死ぬよな・・・。ということで「お先に~」と先行逃げ切りを決意。坂を30km/hで上り、50km/hで下り、何人も追い抜いた先で息を切らせて信号待ちをしていたら、平然とした二人到着。あっという間に追いつかれた orz まあ、50km/h巡航平気な人たちですから。ちなみに平井選手は2008年全日本ジュニアのチャンプ。2009年全日本U23チャンプと、全日本2連覇のものすごい選手です。2008年ツールド沖縄ジュニアでも優勝してます。素顔はシャイです (^^)

この先ちぎられるか死ぬかどっちかだなと思ったら、すぐ先にASがあって助かりました。ここで他のメンバーと合流。サーターアンダギーと黒糖を補給。ここから先はいよいよ海中道路です。

与那城と平安座島を結ぶこの橋は、まさに海の中を走っているような感覚になります。海の色がぜんぜん違う。思わず声を上げてしまいます。橋の途中の『海中道路ロードパーク』に設けられたASで昼食。ここで供されたソーキそばは旨かった! なんともいえない出汁の旨さと麺の食感がたまりません。これをおかずに巨大おむすびをほおばる面々。いやぁ、楽しい~。

後ろ髪を引かれながら (^^) 再スタート。平安座島から浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島チェック・ポイントに到着。ここでゼッケンにスタンプを押してもらって折り返し。さて、帰ろう!






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
"美ら海" だと思っている人が多いですが、『美らオキナワ』ですよ (^^)

行ってきました、初オキナワ! 正月気分覚めやらぬ 1/16、ヨメと自分の愛車をそれぞれ OS-500に入れて羽田まで輪行。さすがに OS-500 を背負って自走は無理です。土曜の早朝とはいえやっぱり電車内では他の乗客の方にいささか迷惑だったかな・・・。ま、許してチョンマゲ :-)

昨年12月から、飛行機の機内持ち込みと預託荷物の扱いが変わって、自転車の様な大型荷物(3辺の和が203cm以上)は預かりを拒否される場合があるというウワサが流れました。他の参加者からの情報では「事前に予約センターに連絡してくれれば、よほどのことが無い限り預かれると言われた」「そのサイズは預かれないと言われた」とどうやら電話を受けた担当者によって言うことが違うらしい。ANAってさぁ、『美ら島センチュリーラン』のスポンサーなんだけど・・・ということで、念のために私も事前連絡。

ANAの場合、予約センターに電話すると全国のどこか空いている所につながるようで、私が掛けたときは大阪につながりました。自転車の件を話すと「上司に確認しましたがそのサイズではお預かりできません」「東京で預かれるって言われた人がいるんだけど。そもそもお宅がスポンサーのイベントですよ」「それでは確認いたしまして、折り返しご連絡いたします」(数分後)「お待たせいたしました。現場に確認しましたところ、お預かりできるそうです。羽田と那覇にはこちらから連絡しておきます」これで安心。

でもこの後、羽田のカウンターでまたひと悶着。「自転車なのでベルト・コンベアに乗せないで手運びでお願いします。確か有料で手運び扱いにできましたよね」「そういうサービスは・・・」

ネーチャン曰く、ベルト・コンベアの先でX線検査をするので乗せないわけにはいかないと。しばらくすったもんだの末、「ベルト・コンベアに乗らないような大型のお荷物の場合は、係員が中身をチェックして手運びすることはあるんですが・・・」「じゃあ、その大型荷物扱いにしてください」でチョン。すぐに係員が来て中をチェック。「オイルやボンベは入っていませんね?」「はい」「OKです」ということで、デカい『↑(こっちが上)』シールを貼って手運びと相成りました。これで安心して朝ご飯食べられる・・・

ちなみにミレニアム・クラスのカウンターのオネーチャンとエコノミー・クラスのカウンターのオネーチャンでは "格" が違うらしい。ミレニアムでチェックインした人は「自転車ですね」と言われてそのまま手運びになったそうです。

ついでに、¥300だかで手運び荷物にするサービスは確かにあります。カウンターのこのオネーチャンが知らなかっただけ。おかげで¥600払わなくて済んだけど。

このオネーチャン曰く「那覇ではどういう扱いになるか(ベルト・コンベアで出てくるかも)保証できないんですが・・・」ところが那覇はさすが、全ての自転車が手運びで出てきました。

沖縄に行かれたことがある方はおわかりでしょうが、あそこは車がないとどうにもなりません。今回のホテルは本島中部の北側、恩納村の『ANAインター・コンチネンタル万座ビーチ・リゾート』。OS-500を背負って自走できないので、空港からリムジンで行こうと思っていたところ、空港で待ち合わせした LEGONメンバーから「一緒にレンタカーで行きましょう」という嬉しいオファー。彼らのツアーにはレンタカーが付いていたんですが、車のクラスをふたつ上げて4人+ロード3台+Brompton1台というすし詰め状態で出発。それにしても涼しいです、オキナワ。

ガラガラの沖縄自動車道をひた走り、約1時間半でホテルに到着。既にロビーには顔なじみの LEGONメンバーと共に親分の姿も。さっそく今夜の前夜祭の話で盛り上がる。部屋に入ると目の前に万座毛が見渡せる見事な景観! オフシーズンとはいえなかなかよい部屋にしてもらいました。

事前にホテルに確認した時には「自転車は専用の部屋でお預かりします」ということでしたが、他の参加者が「スタンドも付いていない、1台平均¥50万もする自転車を何十台もどうやって保管するのか?」と問い合わせたところ、けっきょく「自転車は各部屋で保管してください」となりました。この辺りはツールド沖縄の参加者も宿泊しないらしいので、自転車イベントは初めてで勝手がわからなかったようです。しきりに「勉強不足でした」と言ってたそうです。

部屋で自転車を組み上げているうちにあたりは薄暗くなってきてしまいました。出発前日になってヨメのカセットを交換したまま試走をしていないので、今日中になんとか試走だけはしたい。急いでホテルの敷地内を走ってみると「何ともないよ」。ちなみにこのホテル、敷地が広大で、ロビーからゲートまで2km近くあります。

夜は前夜祭という食事会。親分が「肉だろ」と一言。近所の焼肉屋で総勢20人で宴会。アグー豚?石垣牛?なんとかかんとか?よーわーらんけど、ロング・ライドの前日に肉喰っていいんでしょうか? 泡盛の瓶が何本も空になってますけど? みなさん沖縄に何しに来たか覚えてますか~? 明日早いですよ~、でみんなハタと気がついて撤収・・・

一部は部屋に戻って呑みなおしたらしいですが、うちは大人しく就寝。明日は90km。寒そう・・・












テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
『美ら島オキナワ センチュリー・ラン』 に行ってきました。今の沖縄は寒いよ、とは聞いていましたが、ここまで寒いとは・・・。スタートを待っている間、半袖ジャージでアームカバー無しの腕はしっかり鳥肌立ってました




詳しい話は後ほど・・・



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
明けましておめでとうございます

今年も『今日も夫婦でロードバイク』をよろしくお願いいたします m(__)m

三が日は呑んだくれていたので、初乗りは 4日でした。羽村の阿蘇神社でおみくじ引いてこようと思っていたんですが、正月太りの身体がやたらと重く、途中でメゲて、けっきょく府中の 7-11で『即効元気』飲んで帰ってきました。

帰りは疲れた身体にこれでもかというほどものすごい向かい風。こういうときのBHは脚にきます。
強い人には優しく、弱い人には厳しい自転車、BH・・・

自転車にも慣れていないところにもってきて、ペダル(SpeedPlay)も慣れてないのでよけいに疲れますわ。太腿の前が久しぶりに筋肉痛。膝にも少し負担がかかっているみたい。あんまりよくない・・・

昨年暮れの忘年会で竹谷さんとお会いした時、BGフィットの話を少し伺ったんですが、上級者だけでなく初心者は初心者の合わせ方があるので、故障などヤバいことになる前にチェックしたほうがよいということでした。行こうかな。

今年の予定は今月 17日の『美ら島オキナワ センチュリーライド』と、9月の『ホノルル・センチュリーライド』以外は未定です。昨年はヨメにレース初出場の先を越されたので、私もいつかは行かないと (^^)

てなことで、今年も自転車に乗りましょう!





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。