今日も夫婦でロード・バイク

夫婦でノンビリとあちこち走ってます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Topeak RoadMorphG新しいポンプを買わねば! しょーがないよね、壊れちゃったんだから。物欲ウンヌンじゃないんだから。買わなきゃしかたないんだから。で、どれにしようかな~ワクワク :-)

第 1候補は これ、TOPEAK ROADMORPH G 。フロアのように足で踏むところがある、バルブはホースでつなぐ、など壊れたパナレーサーとコンセプトは同じ。ゲージはおまけ程度と思いきや、けっこう正確らしい。候補というか九分九厘これで決定なんですけどね :-)




【“ポンプ買わなきゃ! [ 2008.10.30(木)]”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
今朝、多摩サイ目指して朝トレに出かけたのですが、多摩美脇のまむし坂を下りきった 7-11 の手前でパンク。下っている最中でなくてよかった。それにしても出先でパンクは初体験。

チューブを引っ張り出し、パッチを貼ってオシマイ・・・のはずが、いくら空気を入れても入らない。ありゃ、まだ穴があったかと思って予備チューブに替えても空気が入らない。ゲッ、ポンプが壊れてる・・・。バルブの部分から盛大に空気が漏れるので、いくら入れても膨らまないはずだよ。

こんなところでどうしよう、近くに自転車屋さん無いしな~、まああってもこの時間じゃ開いてないけどね。店先に空気入れを置いているコンビニもあるけれど、ここの 7-11 はないみたい。

バルブの部分をぐっとタイヤに押し付けるように強く押さえると、なんとか入っていく。必死にポンピングしたら今度はポンプの握りの部分が壊れた。なんじゃこりゃ~! 頼むよパナレーサー・・・。犬の散歩のおじさんが興味深げに見物だ。「大変だねぇ~」 はい、大変です!

ようやくタイヤが硬くなるまで空気を入れて(ぜんぜん足りないけど何とか走れそう)、ここで朝トレ中止。帰ります。圧が低過ぎるとビードが外れる危険がありますよねぇ。走り出したら車重と体重でタイヤが横にハミだしてます。ヤベ~な~。恐る恐る走りながらようやく帰宅。はぁぁ、無事帰ってこられた・・・

改めてタイヤを見ると小さな貫通痕がありました。小さな金属片か何か踏んだんでしょう。坂を下っている途中でバーストしてたら今頃こんなの書いていられなかったね、きっと。




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
10/25(土)は 『橋三昧』 で 60km走り、26日(日)は 『横浜中華街で朝ご飯食べようツーリング』 で 60km走りました。先週は火・水・木曜とヨメと朝トレしてるので、1週間で約 190km走ったことになります。愛車の走行距離はいつの間にか 7,000kmを越えてました。

それにしても日曜の横浜往復、平均 26~7km/hで走ったにもかかわらず、ヨメがあの重い ESCAPE で(帰路でも)しっかりついてきたのにはビックリしました。ロードに乗り換えたら私より速いんじゃないの? ひそかに脅威です :-) こうなったら坂で勝つしか無いっ! でもそれは自分にも辛いしなぁ・・・


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
ヨメの朝トレはまだ続いています。"まだ" って・・・。今週は火・水・木と 3連チャン。こっちがスピードを抑えているのもありますが、多摩サイでも坂でもあんまり離れなくなってきました。今朝は久しぶりにまむし坂を上がって帰ってきましたが、足もつかずに登ってきました。えらいね~。『継続は力なり』を夫婦で実践しております。

ちなみに今朝は等々力の休憩処で、SNSで知り合ったローディさんと初顔合わせ。自転車乗りってさぁ、初めて会っても初めてじゃないような気になりますよね。今朝は正にそれでした。まああちらはみごとな自転車体型で、どんな峠でもバリバリ登っちゃうすごい人なので、自転車乗りってひとくくりにしちゃっていいのかどうかわかりませんが :-)

いつも帰り道は駒沢通りを避けているんですが、今朝は時間が押してしまったのでそうも言っていられず。でも駒沢公園を過ぎたところで渋滞に嫌気がさして裏道で野沢の交差点へ。それでもいつもより 2kmも短かった。

さて明日は雨みたいだね~。朝トレも中止かぁ・・・残念だね、か~ちゃん。朝からトレーナー漕ぐか? :-)



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
日曜日、午後から所用なので午前中に 『朝トレ・スペシャル/横浜往復しちゃおうかライド』 に夫婦で行ってきました。日曜の朝 6時の都内はガラガラ・・・のはずだったけ れど、R1 ~環七とけっこうな交通量。中途半端に空いている分、けっこう飛ばすやつが多くて怖い。ようやく R15 に乗ったところで「そろそろ横浜に着く?」ここへきて、ヨメは横浜までどれくらいの行程か全く把握していないことが判明。おいおい・・・「え~と、これからこの先の六郷橋を渡ると神奈川県で・・・とにかくまだ半分も来てないっ!」大丈夫かいな、この人。

それでも行きは元気に 20~25km/h程度で快調に走りました。横浜駅付近では同じ方向のロード・チームの方々と「おはようございま~す」などとご挨拶交わしながら、約 1時間40分でみなとみらい到着。コンビニで朝食を補給したけど寒くてしかたがない。走れば暖かくなるだろうと長袖アンダー+半袖ジャージという格好で来ましたが、一向に暖かくなりまへん。まあまだ 7:30ですからねぇ。

中華街に行けば何か暖かいもの食べられるんじゃない?「そういえば朝からやってる有名なお粥やさんがあるらしいよ」ということでさっそく向かいました。噂の『馬さんの店』発見。朝 7時からやっているらしい。入ろうとしたところで財布を忘れてきたことがわかり、すごすご退散。手持ちの小銭で買える『江戸清』のぶたまんで手を打つことに。これも暖かくて美味しかったっす。

さてそろそろ帰らないと間に合わない。来た道を引き返す二人。ところが帰り道は強い向かい風。「いくら漕いでも前に進まな~い!」というヨメの悲鳴が後ろから聞こえてきます。そういえば自分も初めの頃は向かい風に泣かされた事を思い出し、今はそれほど苦もなく走っている自分がうれしかったりします。へっへっへ。

引っ張ってあげたいけどそうもいかない。ようやく六郷橋までたどり着きました。交通量も増えてきたのでここからは遠回りだけど多摩サイで帰ることにしました。でも強い向かい風は多摩サイも同じ。しかも既に散歩している人がたくさんいて走りにくい。

ようやくのことで二子橋まで戻り、いつものコースで帰宅。あ~疲れた。走行距離70km。さっきからどうも静かだと思ったらヨメは寝ちゃってます。オツカレサンだったね~。









テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
ふと思い立って、よせばいいのにまた尾根幹に行ってきました。某隊員の大垂水と大して変わらないじゃん。前回より少しはマシかもしれないという、何の根拠も無い思い込みは

7-11前の坂の途中であまりに心拍数が上がって気持ち悪くなっちゃった。ひょっとして俺はこのまま死ぬのか? どんなニュースになるんだろう・・・。『無謀な中年、心臓マヒ。自転車ブームのさなか』カッコワリ~。

けっきょく前回と同じ地点でギブアップ、参りました。ごめんなさい、もうしません・・・。後で地図を確認したら、ここから先の下り坂を下って左折すれば鶴川街道に出られたんですね。バカ正直に同じコースを引き返して坂登りをやってしまった orz

それにしてもここを何往復って、ヒルクライムなんか目指している人はレベルが違う。52歳になってからガンバル場所じゃないな~。もうリベンジする気にもならない・・・

すっかり落ち込んだ帰り道、関戸橋で恒例のフリマやってました。売っているもの自体はあんまり興味がないのでそのまま通過。走行距離 70kmでした。



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
今朝も等々力

ヨメは今朝もちゃんと起きてきましたよ。それだけで感心する私。今日も多摩サイ・等々力休憩処往復です。さすがに半袖ジャージでは寒くなってきました。しばらくすれば温まるだろうと思ったらぜんぜん温まらない。けっきょく今朝は汗らしい汗をかかず、長袖のアンダーかアームカバーが必要になってきました。去年はどんな格好で走っていたっけ・・・

行きの日体大横のダラダラ登り坂は、中間の信号がうまいこと青だと一気に登りきることができるんですが、今朝それをやって振り返ったらヨメがピッタリ後ろにいてビックリしました。強くなったね~。

でも帰りの多摩サイでは向かい風の洗礼を受けて、ようやく 20km/hで走ってました。引き離すと後で怒られるので私も 20km/h走行。遅っせ~。でもまあ、たまにはいいか、こういうのも・・・

それにしても帰路のニコタマの線路脇の坂といい、神学院の坂といい、ヨメはそれほど辛そうな顔も見せずに登ってくるようになりましたよ。オレだって最初は辛かったのに orz

さて明日はどこかロング・ライドに行くかな・・・





【“今朝も夫婦で多摩サイ・朝トレ 『2008.10.17(金)]”の続きを読む】

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
等々力休憩処にて今朝は夫婦で早起きして、多摩サイを往復してきました。早起きして夫婦で自転車に乗るなんて、ホノルルに出発する直前に皇居周辺を走って以来です。言い出したのはヨメのほうで、私は強制も何もしてませんよ。ホノルルで 100マイル走ってからというもの、ヨメは改めて自転車に目覚めたようです。続いてくれるといいんですが :-)

ヨメはフラット・バー (ESCAPE) なのでさすがにロード並みのスピードは出ませんが、それでもそこそこついてきます。等々力の休憩処でひと休みして帰路へ。往路は駒沢通りですが、帰路は混み始めた駒沢通りを迂回して裏ルートへ。ダラダラ坂や急な坂など、とりあえず文句も言わず上ってくるヨメ。ちょっと前までは考えられなかったね~。ホノルルからペダルにクリップを付けているとはいえ、普通にスゴイっす。もっと軽いロードにすれば私と遜色なかったりして。

帰って朝ご飯。ね、美味しいでしょ! 身体は目覚めるわ朝飯は旨いわ、やめられませんね~、朝トレ!




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
今日は夫婦で都内ポタ。まずは定番(ヨメは初体験)、京浜島~城南島へ。このあたりは土曜でも大型トラックやダンプが多くてちょっと怖いんですが、日曜や今日のような休日はほとんど車がいません。こうなると自転車は快適です。ところが『京浜島つばさ公園』は見たこともないほどたくさんの人がいて、座る場所も無い。おまけに「補給はどこかのコンビニで調達しよう」と思って何も持ってきてなかったのに 京浜島にはそのコンビニが無い! やばいな~、まだハンガー・ノックは無いだろうけどハラは減っている。コンビニ・・・

早々とここを引き払って『城南島海浜公園』を目指します。京浜大橋を渡って大田市場の前を通りかかった時「コンビニあった!」。間口は小さいけれどちゃんとコンビニ。ここで食料とゼリー系を補給して城南島へ。こっちの公園のほうが普通に空いてました。海と、頭上を飛んでいく飛行機を見ながらおにぎりをほお張るふたり。のどかだな~

さぁてこれからどこ行くかな~。時間はまだ 10時前です。昼飯は築地というヨメの希望ですがさすがにちょっと早いので、とりあえずすぐ近くの大井埠頭に行ってロードの練習でも見物に行くことにしました。が、思ったほど集まっていません。というより数えるほどしかいない。

気がついたら品川埠頭に入ってしまい、行き止まりで慌てて Uターンしたらテレ朝のドラマかなんかの撮影準備中。北大路欣也、ナマで見ました。

吉野家も休み海岸通りを北上し、浜離宮で右に曲がるといつもだったらたくさん人がいるのになぜか少ない。「ひょっとして市場休みだったりして :-)」 はい、休みでした。場内はどこも開いてません・・・ 1件だけ寿司屋が開いてたけどパス。リサーチ不足を詰られる私。場外もほとんど閉まってます。開いているのは寿司屋ばかり。築地で寿司もベタだよね~。

ようやく定食屋を見つけ、そこでランチ・タイム。『金目の煮付け+中落ち定食』『銀ムツの煮付け+中落ち定食』どちらも¥950.也。なかなか旨かったね。

 銀ムツ煮+中落定食  金目煮+中落定食

食べ終わってまだ 1時。ハラごなしにお台場を回ることにしました。ここまで 40kmほど走っていますがヨメがバテた顔をしていない。「100マイル走って体力付いたのかも」とヨメ。そうかもしれないね~ :-) ヨメはフラット・バーなのでロードほどスピードが出ません。でもこの ESCAPE で一生懸命漕いで 25km/h巡航は、私でもそんなもんです。こっちもスピードを抑えて走っているとはいえ、ピッタリくっついて走ってこられるようになったのは大したもんだよ。

お台場に渡るには勝鬨橋、黎明橋、晴海大橋、木遣り橋と 4つの橋を渡りますが、中でも晴海大橋はけっこう傾斜がきつい。それでもヨメは足をつかずに登ってきました。前に来た時は当たり前のように自転車を押して上がってきたのに、この成長ぶり。これは新しいロードを買わなきゃいかんね~。ちなみにヨメは今年のサイクル・モードで物色すると宣言しております。怖っ・・・

ここも数年後には無くなるの?お台場ではものすごい数の若いオネーチャンが長蛇の列。どうやらアイドル系のコンサートかなんかがあるらしい。この行列の横を通った時の香水の匂いたるや凄まじいよ。思わず呼吸を止めた私。よく息ができるねキミ達。こんな匂いの中で歌ったり踊ったり、アイドルも大変だ。

青海食堂脇のコンビニで再び補給して、突端の『暁埠頭公園』に到着。ヨメには "お台場の穴場" と言って連れて行ったのに、ここもすごい人出で早々に退散。なんでみんなそんなに BBQが好きなの?落ち着いて家の中で食べようよ。冷静に考えたら大して美味しいものでも無いでしょ? ということで『青海南埠頭公園』で休憩。こっちは空いてら。

今や新名所・湾岸署対岸のクレーンを眺めながら暫し休んで、さて帰りましょう。帰りは銀座~芝公園~恵比寿経由で無事帰宅。あ、銀座で後ろも確認しないでいきなり歩道から車道に出てきたママチャリのオバサン、一喝しておきました。


帰りの駒沢通りの坂。先に上ってヨメを待っていると、上がってきたヨメが何か言いたげ。後で聞いてみると、坂を必死に登っていたら子連れのママチャリに抜かれてかなりショックだったらしい。でもよく見たら電動アシストだったので安心した、と。そういえば三浦半島の坂でも前カゴにネギ入れたジーちゃんに抜かれて落ち込んだけど、あれも電アシだったね~。

走行距離 75km。ケロッとしているヨメが頼もしいっす!



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
よくまあ13ゲーム差をひっくり返して、ジャイアンツ リーグ優勝です! 自転車の GIANT じゃないよ、読売ジャイアンツ!

否応なしの世代交代で若手の活躍(坂本、いいっすね)もあったけれど、やっぱりラミレスですね。わたし的にはMVPだよ。他の主力がボロボロの時に孤軍奮闘、よくやってくれました。

そういえば去年はホノルル・センチュリー・ライドでホノルル滞在中に、寿司屋に置いてあった日本語新聞でジャイアンツの優勝を知ったのであった。でもプレーオフでまさかの敗退でしたね~

今年は日本一、なってほしいなぁ~!




テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
ひと昔前なら『体育の日』で休日でしたね :-)

今週は火・木・金と朝トレできました。合計で 70kmちょっと。今の時期の朝トレは気持ちいいです。早起きも苦にならないし、走り始めこそ肌寒いですがすぐに暖かくなるし。

最近は、多摩サイまで行きは駒沢通りですが帰りはちょこちょこ裏道通ってます。二子玉川から線路際を登って瀬田中学で環8を渡り、そのまままっすぐ駒沢公園まで。国立第2病院でいったん駒沢通りに出ますがすぐ "かぶき門" を左折して裏に入り、環7を野沢の信号で渡ります。

すぐに左折して放送大学の前を通り、三宿通りを右折すれば我が家です。ちょっと遠回りですが自転車なので大した事はありません。通勤時間帯に入る駒沢通りほど交通量も多くないし、通学時間には早いので子供の飛び出しもなく、走りやすいです。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
今朝は風が強かったな~。多摩サイに乗ってから、行きはヨイヨイ、帰りは風圧との戦いでした。あ~疲れた。

火曜、今日と朝トレのローディさんをあんまりお見かけしません。今が一番よい季節なのにね。ちょっと涼しいけれど走ればすぐに暖かくなるし、信号待ちで停まっても急激に身体が冷えることもない。

土曜は『TEAM 50's HCR2008帰朝報告会』です。天気予報は一時雨とか言ってます。昼間は乗れないかな?




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
今朝は久しぶりに多摩サイ・朝トレ。外に出てさて乗ろうとしたらなんか変・・・げっ、左のブラケットが内側に曲がってる! 帰りの飛行機の預託時か、空港から家までの宅配かどっちかですね。組み上げた時はぜんぜん気がつかなかった。気合いで元の位置に戻し :-) 何事もなかったように出発。自転車って、けっこう丈夫。

家を出た時は涼しかったけれど、環7を越えるあたりでもう汗が。まだしばらくは半袖ジャージ+レーパンでいけますね :-)

今週は天気が安定しないようなので、走れる時に走っておきましょう。


  【“久しぶりの多摩サイ・朝トレ [ 2008.10.07(火)]”の続きを読む】

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
■チャイナ・エアライン (旧・中華航空) のこと
・今回は燃油サーチャージ代をケチってチャイナ・エアラインを使いました。ちなみに JALより¥12,000.安い。夫婦で¥24,000.はでかいぜ。チャイナ・エアラインは世界で一番危険(事故がダントツ多い)な航空会社と言われています。この前沖縄で火を噴いたのもチャイナ、名古屋で落っこちたのもチャイナです。当時は "中華航空" といっていたので、イメージ一新を狙って名称変更したとか・・・。まあそんなこといったら御巣鷹山に突っ込んだのは JAL だし、逆噴射機長も JAL だし(古いか)。アジアで一番安全なのは ANA だそうです。

・チャイナの成田~ホノルル便は通常はエアバスですが、夏の間はジャンボだそうです。今回も行きの CI-17便は B747-400でしたが、帰りの CI-18便(成田経由台北行き)は A330でした。HCRは金曜発の人が多くて、帰国は月火に分かれたので機体を小さくしたのかも。B747-400 はいかにも古い機体で、背もたれのモニターも無いしビデオはいまどきテープ。A330 は背もたれモニターつき。ビデオはオン・デマンド。メニューもたくさんあります。

・行きの機内食はまずまずです。Yクラスの機内食のレベルとしては、という意味よ。
帰りの機内食は激マズです。これは食べ物か? 喰えたもんじゃない。まともなのはパンだけ。よくこんなもん平気で出すね。ひど過ぎ。

・成田ではチャイナエアーの一般客は Fカウンターでしたが、自転車を預ける人専用に Cカウンターを使いました。いつも JALなのでそのつもりで行ったらカウンターが開いていない。チェックイン開始 17:30 ということは出発 2時間前すか。チェックインから出発まであんまりノンビリできません。JALは自転車のケースごと X線装置に通してそのまま積み込みますが、このカウンターにはそれが無い。けっきょく検査係員 2名による目視です。ホントかよ。この後 X線装置を通したかどうかは不明。

・チャイナの場合、預託荷物は 23kgまでという決まりがあって、特に燃油サーチャージが高い昨今ではシビアに調べるそうです。ということで 2台の自転車のうち大きいほうが 2kgオーバー。もう 1台の自転車が 15kgしかなかったのでカウンター前で中身を一部積み替え。2台で 46kg以内だったらいいんじゃねーかよブツブツ・・・

ところがホノルルで積み込む時は大きい自転車ケースが 27kgと出た。また積み替えかよと思ったら係のアンチャンは何も言わない。後で請求書なんて嫌だから「越えてるみたいだけど大丈夫?」と聞いたら「自転車については(重量制限は)聞いていない」って。じゃあ成田はなんだったんだよ・・・

・チャイナの場合、JALと違って自転車の運搬に慣れていないのが一目瞭然。特に成田のカウンターは不手際というか段取りが悪いというか・・・。チェックインが終わって食事をしようと思ったら館内放送で呼び出され、カウンターに行ってみると「安全検査が終わっていないので・・・」と言われ、そういえば X線検査してなかったな~、と思ったら係員二人でおもむろに自転車ケースの中を調べ「可燃性のものとかありませんか?」って・・・。

・これは現地ツアー会社の問題かチャイナの問題かわかりませんが、たぶんチャイナのシステムの都合。帰国時、ホテルから空港まで送ってくれるのはいいけれど、空港のロビーで下ろされた荷物は "自分で" チャイナ・エアーのカウンターに運んでチェックインしなくてはいけない。つまりですね、スーツ・ケースと自転車2台を担いで、夫婦でえっちらおっちらカウンターまで運んだわけよ。

カートがあるだろうって? ありますよ、$3で。ホノルル国際空港は到着階はカートを無料で使えますが、出発階では有料です。そこまでセコいかって感じ。$3払って使うほどカウンターが遠いわけじゃないけど、キャスターの付いていない 30kg近い自転車ケースを運ぶには重い。特にヨメには辛かったね。それを横でボケッと見ているツアー会社のアンチャンにも腹立つ(手伝う義理は無いったってよぉ・・・)。

JALだとホテルから運んできた自転車は人間と別にチェックインして積んでしまうので、自分で運ぶことがありません。いやぁ、これはに参ったね。最後の最後でこう来たかって感じ。

結論・来年、燃油サーチャージが下がっていたらまた JAL便にしようっと



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
朝 5時、隣のベッドでブツブツ言っているヨメの声で目が覚めた。「・・・がんばる・・・だいじょうぶ・・・がんばる・・・上る・・・」この人まだ 100マイル走ってる。なんてけな気なやつだ・・・、と思っていると「・・・上ったり・・・下ったり・・・ラジバンダリ! キャハハ」寝言で冗談言って自分で笑っている人、初めてです。ちなみにヨメはまったく覚えてないそうで・・・

準備万端。FLAGILEシールがベタベタと・・・今回のツアーは日程が去年より 1日短いので、明日の早朝にチェック・アウトです。今日は午後から『天国の海』ツアーという、カネオヘ湾の沖にあるサンドバーに行くツアーに参加する予定です。なので午前中に自転車を梱包しておかないと時間がなくなってしまいます。ヨメがマッサージに行っている間に、2台の自転車をバラして箱に収めました。昨日の余韻に浸っているヒマはありません。

12時ちょっと前に送迎の車がホテルに。しばらく走るとなんだか見たような・・・あ、ここ昨日走ったわ。ワイキキから海岸線沿いじゃなくて H1から山を越えてきたのでピンとこなかったのだけれど、そういえばカネオヘ湾は去年の帰路で休憩して写真撮ってました。なんだここかぁ。

今日の参加者は 20人くらい。新婚さんだか若いカップルがほとんど。船に乗って 10分も行くと沖に白い帯のようなところが見えてきました。ここはいろいろな CM の撮影でも使われている白砂の浅瀬で、水深は膝くらいしかありません。「今日は最近には珍しいくらいよい天気ですよ」とスタッフ。確かに良い天気。暑すぎず寒すぎず、日差しも柔らかくて海遊びにはピッタリです。海の中から昨日走った海岸線を眺めるってのは、感慨深いものがあります。右端にチャイナマンズ・ハット。あのちょっと先まで行ったんだね~。なんだか見渡せてしまう分、こっちから見るとけっこう短い距離ですね・・・

Sea3.jpgSea1.jpgSea2.jpg

考えてみたらハワイは 4回目ですが、海に入ったのはこれが初めてです。浅瀬だけに温い。浮き輪を借りてはしゃいでいる私。「スタッフがねぇ、お茶目なダンナさんですね、だって」いやぁ、そでほどでぼぉ~。あんまり期待しなかった BBQ は、その場で焼いてくれたのを食べるのかと思ったらすでにできているやつ。味はまあまあ。ソーセージがうまかったっす。ビール欲しかったっす。あ、ちなみに蕁麻疹治りました。昨日の 100マイルで汗と一緒に悪いの出し尽くしたのかもしれません。

希望者はシュノーケルでお魚見物。私たち夫婦と子連れのふた家族は船上で留守番。なんかねぇ、このツアーの参加者は私たち以外は全部関西の人みたい。珍しいのか普通なのか、そういえばハワイの観光客は関西人が多いですね。

さてそろそろ帰港の時間です。ウミガメとご対面できるポイントを通って帰るそうで「ウミガメと会える確立は 99.9%ですよ~」というスタッフの言葉に期待が高まります。が、いない・・・。今日は 0.1%か?全員目を皿のようにしてウミガメを探します。こんなに一生懸命ウミガメを探すことなんて、一生のうちにそうないよね。やがて一頭のウミガメが目の前に。上がる歓声。じらせましたねぇ、もったいつけやがってコノォ! 「ハワイではウミガメを見ると幸せになれると言われていま~す」。私ゃもう幸せなんすけど。

居酒屋・たこの木ホテルに戻り、てっちゃんと待ち合わせて最後の晩餐。ワイキキ DFS のすぐ近くという好立地の『居酒屋・たこの木』へ。浪速の食楽処というこの店は、味も雰囲気も日本と同じです。ビールで乾杯! 今回はほんと、お疲れ様でした。なんだかんだと居酒屋メニューで盛り上がり、当然締めはお好みやんけ!やっぱモダン焼きやろ! この店、けっこう老舗なんだって。なんでハワイで居酒屋なんだと思う人、こういう店が潰れずに残っているのがその理由です。

あと少しでハワイはおしまい。明朝は 5:00にモーニング・コール、 5:30に荷物のピックアップ、 6:40にロビー集合です。早いなぁ~、いつものことだけど。ということで今年のハワイも無事幕を閉じました。また来年目指してがんばりましょう! 





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
朝 4:30起床。蕁麻疹が治ってない。せっかく酒を呑まなかったのに。くっそ~、呑んどきゃよかった。ヨメはとっくに起きている。こういうイベント事のときは起きるのが早い。きっと遠足や運動会の頃から変わってないのねこの人は。


いよいよスタート
スタートが待ち遠しい目標は 100マイル完走!いよいよスタート!
着替えて下に下りるとロビーには既に参加者が何人もいます。てっちゃんと合流してカピオラニ公園へ。去年までは目標走行距離ごとのスタートだったのだけれど、今年から経験と実力別に A~D のグループごとに分かてスタートする。"速いのも遅いのも 100マイル目指す人は一緒にスタート" より合理的です。我々はB、てっちゃんは Aグループでスタート。お互いの健闘を拳で誓い合った後、ダイヤモンドヘッドを上がったところで待ち合わせることにしていったんお別れ。

空が白み始めた 6:20に Aグループがスタート。30分を過ぎてから我々 Bグループもようやくスタート。スタート直後、去年までの混乱が無い。グループ分け成功じゃないですか。ブリーフィングでも並走禁止と言われたにもかかわらず並走しているアベックをパスしてダイヤモンド・ヘッドへの坂を登る。てっちゃんと合流して振り向いたらヨメがいない。坂道になると「先に行って!」と言うヨメ。先に行って、来るかどうか心配しながら待つくらいなら後ろを走るよ。ということでてっちゃんに前を引いてもらって私はヨメの後ろから走ることにしました。

25マイル折り返しポイントまでとりあえず順調。今回はエイド・ステーションで長居をしている余裕が無い。何しろ 10:30 までに 75マイル折り返しポイントを通過しなくちゃいけないので、バナナと水を補給してそそくさと次の 40マイル折り返しポイントに向けて出発。

この先は畑や牧場の中を走るので大した坂はありません。ありませんといっても私にとっては、の話で、ちょっとでも傾斜があるととたんに遅くなるヨメにとっては楽なところなんてなかったらしい。既に表情は疲れてます。口数少ないです。怖くて話し掛けられません。今年は新しいグループ分けがうまくいったようで、各エイド・ステーションでの大行列がありません。水と氷とバナナを補給して、10分休んで次のポイントへ。がんばれ、か~ちゃん。それしか言えない :-)

ようやく 50マイル折り返しポイントに到着。各エイド・ステーションで私達を待っていてくれるてっちゃんに励まされ、ヨメはここから未知の領域へ。50マイルしか走ったこと無いんですこの人。この先、75マイル折り返しポイントまで 20kmあります。とりあえずここだけがんばってくれれば何とかなります。1時間以内でたどり着くのを目標にして出発。この区間は市街地を走ります。日曜の早朝といってもそこそこの交通量があるので、車を気にしながらの走行になります。また交差点などでコースを示す案内板を見落とすと確実に道に迷うので、慎重に、前を走る人を見失わないようにしながら走ります。

ようやく75マイル折り返しポイントに到着10時ちょっと過ぎに 75マイル折り返しポイントに到着。やった~!(by Masi Oka) 100マイル完走が見えてきました。ヨメはかなりヘタってます。ここから 100マイル折り返しまでの 20kmはほとんどが美しい海岸線沿いの道です。ここまで走ってきたご褒美という人もいます。ホノルル・センチュリー・ライドのポスターはこの区間で撮影されるくらいなので、本来なら風景を満喫しながら走るのですが、ヨメにそんな余裕があるかな~。この日は天気も良くて、海がものすごくきれいでした。か~ちゃん、覚えてる?

チャイナマンズハットを見ながら小休止もうあまり時間を気にしなくてよいので、昨年みんなで写真を撮った "チャイナマンズ・ハットが見える公園みたいなとこ" で休憩。「あとどれくらい?」「この先すぐだよ。すぐその先」実はあとまだ 5kmくらいあったんですけどね。ひと息ついたところで、最後のひと踏ん張りだ! 再びきれいな海岸線を走ってようやく 100マイル折り返しポイントのスワンジー・ビーチ・パークに到着。お~、とうとう来た!やったぜか~ちゃん!

100マイル折り返しポイント到着!100マイル折り返しポイントに到着
先に着いていたてっちゃんに出迎えられてひと息ついたところで雑誌の取材依頼。ストーンズ・ジャージ 3人組はさすがに目立ちますわな。格好の取材対象です。写真撮影とインタビュー。来月には書店に並ぶでしょう。へっへっへ。ヨメは「出川(ヤバイよヤバイよ)がいた」と言っていましたがたぶん違います。『アッコにおまかせ(生放送)』があるし。出川に間違えられた人もかわいそうだけど。

さて、帰ろう!
7-11 に行ってみると店内はバイク・ジャージの大行列。ロコは大迷惑ですね :-) コーラとアイスとハンバーガーを補給して、さて帰るか! 「え~、もうちょっとゆっくりできるかと思ったのに」あのね、もっと早く来ればゆっくりできたんだけど、これから 17:30までに 80km走って帰らないと、ゴールが閉まっちゃうんだよ。

帰り道はある意味往路より厳しいです。行きは疲れたら「ここでや~めた」と折り返せばいいけれど、帰りは "や~めた" ができない。せっかく 100マイル折り返しまでたどり着いても、定刻までに戻らないと完走証がもらえない。

帰り道はヨメにとっては苦行の道でした。既に時間との戦いで、このペースではゴールにたどり着くのは 17:30ギリギリかひょっとすると危ないかもしれない。でもだからといって後ろから煽っても始まらない。平坦なところは 20km/hキープ。上り坂はゆっくりでかまわないから、下りになったら脚を止めないでなるべくスピードを出してくれ。

途中で 55番の TheBUSに何回か抜かれる。「あれに乗って帰りたい・・・」とヨメ。TheBUS は車体の前面に自転車のキャリヤがあるんです。「あんなので帰ってお前は自分に恥ずかしくないのか!」「ないっ!」あ、そう・・・。脚の疲れとお尻の痛さがヨメを無口にします。後ろから冗談言ったり応援歌唄ってやったりするんですが反応が無い。「ギ~ラ~ギ~ラ太陽がぁ~」「暑いからやめて!」「・・・はい」でもここで "越冬ツバメ" もないと思うんだよな・・・

帰りのエイド・ステーションは砂漠の中のオアシスです。ここで水と氷と残り少ない補給食をもらい、ひたすら次のエイド・ステーションを目指します。ようやくマカプーの上り坂まで戻ってきました。ここはさすがにヨメの脚では(元気な時でも)登れないので、自転車を押して上がるヨメを残してひと足先に上で待っていることにしました。あんまりゆっくり走っているので、私ぜんぜん疲れてませんです。ここらで持て余しているパワーを使っとかなきゃ :-) 20km/hキープで頂上到着。ここまでくれば後は最後のエイド・ステーションまであと 5kmほど。そこからゴールまでは 16kmです。

登ってきたヨメを待ってマカプーの坂を下り始めると人だかりが。よくみるとバイク・ジャージの誰かが倒れている。うわー事故だ。ワイキキ・トロリーも停まっているんだけどまさかぶつかった? ハワイは路面の状態が悪いから、ロード・バイクの細いタイヤは足をとられやすい。ましてや急な下り坂はけっこう危険です。

ついにゴールイン!
程なく最後のエイド・ステーションに到着。けっこうな数のライダーがいたのでひと安心。ここが既に閑散としていたらヤバイよヤバイよ~でしたから。残り 16km。ここから平均 20km/hを守って走れば完走できます。水と氷とクッキーをもらい、疲れ切っているヨメを励まし、ゴール目指して出発。

72号線に上がると何台もゴール目指して走っていました。前方に目標があったほうが走りやすいので、とりあえず前方のトレインを目標にするようにヨメに伝えると、ゴール間近のせいか急にパワーが復活したヨメはあっという間に追いついてしまいます。

長いトレインはチームやグループで走っているので、一番遅い人にスピードを合わせています。なのでどのトレインも 16km/h前後とペースが遅い。仕方ないのでここから私が前に出てヨメを引っ張ることにしました。20km/hで走りますがしっかりついてくるヨメ。いいねぇ、その調子! Kahala で H1を下り、ダイヤモンド・ヘッドの坂を下ればゴールは目前です。とうとうワイキキに帰ってきたぜ!

やったぜゴールイン! 放心状態のヨメカピオラニ公園の誘導路に入り、ついにゴール・イン! よぉ~し! やったぜか~ちゃん、よくがんばった! アナウンスのお姉さん「目黒区からお越しのゆうてんじさんご夫妻、お揃いのローリング・ストーンズ・ジャージ、おしゃれですね~」だって。まあね。それよかヨメの 100マイル完走を褒めてやってください。


完走証をゲット!ヨメはゴールでお出迎えのてっちゃんと涙のハグ。てっちゃんありがとう、おかげでヨメが 100マイル完走しました。私だけだったらヨメはメゲていたかもしれません。時間は 17時ちょっと過ぎ。約 10時間半、よく走りきったよ。自分のことのようにうれしいね~。ヨメは涙でグシャグシャの顔で「完走したら好きなもの買っていいって言ったよね」え~とあの~、そんなこと言ったっけ? まあいいや、ご褒美だ、別荘でもジャンボ・ジェットでも好きなもの買ってくれ。完走証をもらい、3人で記念写真を撮り、余韻に浸りながらホテルに撤収。終わった~!

シャワーを浴びてビールで乾杯。体力を使い果たしたヨメは「夕飯いらない」と言うかと思ったら行くって。意外と元気。再びてっちゃんと待ち合わせてワイキキ・ビーチ・ウォークの蕎麦屋『松玄』へ。もうどうなってもいいのでビールで乾杯。あ"~、旨めぇ~~。ツマミをいろいろつつきながら、締めに鴨汁蕎麦。旨いね、ハワイで蕎麦。なんでわざわざハワイに来て蕎麦とか寿司とかって思うでしょ。何回かハワイに行ってみればわかります。

まだ 21時前ですがさすがに眠くなったので寄り道せずにホテルに直帰。お疲れ様でした。




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
蕁麻疹がひかない。だから酒呑むなって・・・

朝 7時、ホテルの前でてっちゃん隊員と合流。今朝は試走を兼ねてダイヤモンド・ヘッドの裏側で毎週土曜日に開催されている朝市・KCCファーマーズ・マーケットに朝食を摂りに行くことにしました。出発した瞬間、ヨメのバイクのチェーンが外れるハプニング。気を取り直してスタートしますがどうもヨメのバイクの調子が悪いらしい。試しに乗ってみるけれどディレイラの調整がずれたのかもしれません。とりあえずは走れそうなので、後で調整することにして朝市に出発しました。

会場はカピオラニ公園から Monsarrat Ave の坂をズンズンと登っていった先にあります。大した斜度ではないのでロード・バイクならあっという間に着いてしまいます。あたりには既に食べ物のいい香りが漂っています。かなりの人出で、地元の人や日本人観光客でごったがえしています。観光バスも来ていたりして、ツアーに組み込まれているんでしょう。

KCC1.jpgKCC2.jpgKCC3.jpg
KCC4.jpgKCC5.jpgKCC6.jpg
KCC7.jpgKCC8.jpgKCC9.jpg
KCC10.jpgKCC11.jpgKCC12.jpg
KCC13.jpgKCC14.jpgKCC15.jpg

会場はほとんどがロコの食べ物屋台です。あちこち覗いて美味しそうなやつを物色。朝っぱらからロコモコみたいなのはさすがにヘビーなので、無難に日系の人の店で海苔巻き買いました。ヨメは目をつけていた巨大なオムレツをゲット。参りました。ヨメにはかなわん・・・。グリーン・フライド・トマト(青いトマトのフライ。そのまんま)も旨かったね。

腹ごしらえが済んだところで、このまま Hawaii Kai まで走りに行くことにしましたが、ダイヤモンド・ヘッドを下って Kahala Ave と合流したところでヨメが「ペダルを踏み込むと勝手に変速するんだけど」 自分で乗ってみると確かに、さっきより状況が悪くなっています。なんでかな~・・・よく見たらチェーンがチェーン・ステーに擦れている! え? と思って回してみると通常の位置に戻る。うわ~、かなり歪んじゃってるじゃん! 先ほどチェーンが外れた時、かなり強くよじれたので、おそらくその時に歪んでしまったのでしょう。このままでは走れません。

急遽予定を変更して近くの自転車屋さんへ直行。Kapahulu Ave.にある有名な『Island Triathlon & Bike』に行ってみるとまだ開店前。でも既に先客がいます。仕方ないのでそのまま待っていると、壊れたディレイラを持った地元のおじさんや日本人ライダーなど次々とお客さんが現れます。10時の開店を待って店内へ。日本語のわかる店員さんにさっそく状況を説明してチェーンを交換してもらいます。SRAM の 8速チェーン $4.+工賃 $10.。あ~、助かった。

Island Triathlon & Bike。なかなか親切。店の前のバス停。バスで来たわけじゃありません。

気を取り直して改めて試走に出発。とりあえず Hawaii Kai を目指します。Kahalaモールで水その他を補給。Kahala からハイウエイ H1 に乗り、72号線を 30km/hくらいで飛ばしていたら、どうやらヨメがバテたらしい。こんなもんでバテられても、明日は 100マイルなんですけど。さてこれからどっちに行きましょうか? この先を左折して本来のコースどおり "ハートブレーク・ヒル" を登って、ぐるっと回って帰ってくるか、それともこれを真っ直ぐ行って Hanauma Bay を見下ろして、Sandy Beach Park から "ハートブレイク・ヒル" を下って帰ってくるか。

行きはよいよい・・・「ハートブレーク・ヒルは登りたくないっ!」「というか、私はここで待ってるっ!」というヨメを説得して(「こんな所に一人でいたら襲われるぞ!」という脅しが効いたみたい)、真っ直ぐに行って Hanauma Bay を目指すほうが坂が緩いし距離も短いというてっちゃんの言うことを信じて、そっちに行くことにしました。ところが予定と違ってこの坂、"ハートブレーク・ヒル" 並みにキツいしけっこう長い。途中までがんばったヨメも「・・・押す」とギブアップ。先に上がったてっちゃんが「けっこう長かったっすね」あのね・・・。ようやく坂の頂上まで上がってきたヨメはバテバテ。ここでテンション下げられちゃうと明日は 100マイル無理かもしれません。この先 Sandy Beach 経由はやめにしてこのまま引き返すことにしました。

疲れきったヨメと記念写真 :-)こんな坂、登ってきました


Kahalaモールまで戻ってトイレ休憩+コーラを補給。PULLと書かれたマックのドアを押して入ろうとする疲れたヨメ・・・。帰り道、ダイヤモンド・ヘッド手前の曲がり角を間違えるお約束 :-) も毎年どおり。ようやくホテルに戻ってきました。なかなかいい汗かきました。

夜は再び無難な『チーズケーキ・ファクトリー』へ。さすがに懲りた私は今日ばかりはノン・アルコール。隣でヨメは何とかビールを「Bigで!」旨そうやね~・・・。とりあえず形だけのカーボ・コントロールということで、サラダにピザ、パスタでオシマイ。だって相変わらず量が多いんだもん、ここ。

今日はさすがにノン・アルコールの日アメリカン・タイプのいわゆるパン・ピザハワイは野菜類が美味しいです

さて明日はいよいよ本番です。てっちゃんとは 5:20にホテル前で合流することにして、早めに寝ることにしました。か~ちゃん、明日はがんばってくれよ~











テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
ホノルルに立つ日の朝、目が覚めてシャワーを浴びに行ったら「・・・なんじゃこりゃ~!」なんでこんな時に蕁麻疹? 昨晩寝る前に食べたイカの一夜干し?その前に食べた〆サバ? 蕁麻疹なんて何十年ぶりだろう、しかもこのタイミングで。塗り薬を買いに近所の薬局へ。「塗って消えてもお酒呑むと出ますからね~」とニヤッとした顔で念を押されたが、これからハワイなんですよ。禁酒ですかハワイ。そりゃ殺生だ・・・。ってか無理だ。蕁麻疹で死にゃしね~よ。

中華航空カウンタ

ひとまず湿疹が収まったところで成田へ。今年はスカイ・ライナーの¥920.がもったいないということで、京成の特急で行きました。運賃¥1,000.で時間もスカイ・ライナーと大して変わらない。空港に着いたらチャイナ・エアーのチェック・イン開始まで時間があることが判明。JALだったら何時間前だってチェックインできるのに、何もできずに延々と待たされる。安いからってさぁ・・・。ようやくチェックインが始まっても段取りが悪いのかなかなか進まない。ちなみにチャイナエアーはいつもはFカウンターですが、この日は自転車を持って行く人専用にCカウンターを使っていました。

ここのところの燃油代高騰で、預託荷物の重量と持ち込み荷物の個数に関してはうるさいらしい。今回は自転車 2台でケースがそれぞれ違う。大きいほうのケースに余裕があったので自転車以外のものを結構入れておいたら 2kg重量オーバーと言われた(チャイナの場合は預託荷物は 1個 23kgまで)。仕方ないのでカウンターの前で荷物を移動したが、もう 1台のほうは 15kg。合わせて 46kgいってないんだからいいんじゃないの?そうはいかないか。

ようやくチェックインが終わってさて何か食べようかとエスカレーターを上がったところで館内放送で呼び出され、再びチャイナのカウンターへ。「自転車の安全確認ができていないので、中を拝見できますか?」って、いまさら? しかもX線で調べるでしょ普通。再びケースを開けて係員 2名で目視チェック。

ようやく食事。で、なんで回転寿司? 良くわからんが、再びアレルゲンになりそうな光ものとビールで腹ごしらえ。こういうのを "反省が無い" っていうんですね。

チャイナ・エアーのホノルル行きの機体は、通常は A300なのだが今回は B747-400。見るからに古い機体です。座席後部のモニターも無し、スクリーンの映画は今どきビデオ・テープだし。おまけに途中で終わっちゃうし。ホノルルまで 7時間、ヒマだったな~。しかもさっき成田で食べた寿司とビールが原因なのか、機内食で呑んだビールとワインのせいなのか再び蕁麻疹が・・・。湿疹が出たところにかゆみ止めを塗る私。隣の方、臭くてスミマセンでしたね。反省が無いもので・・・。ようやくホノルル到着。

ハワイに行くといつも困るのが、空港に着いてからホテルにチェックインするまでの時間だ。今回利用したチャイナ・エアライン CI-18便はホノルル到着が朝の 8時20分。ホテルのチェックインは通常 15時だから、ツアー会社の "滞在中の説明会" とか "HCR説明会" なんてのがあったとしても 3~4時間はどこかで時間を潰す必要がある。昨年は重いトラベル・バッグを引きずりながらドンキ~アラモアナを徘徊して懲りた経験から、今年は機内持ち込みの荷物はリュックひとつ。現地に着いたらバスでチャイナ・タウンに行ってランチと決めていた。

大班点心

現地の旅行代理店事務所で滞在中の説明会が終わってから、2番のバスでチャイナ・タウンへ。金曜の昼前ということでそこそこの人通り。飲茶の店を何軒かピックアップしておいたが第一候補の店がなかなか見つからない。そこで第 2候補の店へ。ここはすぐにわかった。『大班点心(TAI PAN DIM SUM)』はワゴン・サービスのほとんどの点心が $1.8と格安。腹いっぱい食べてもぜんぜん安い。しかもなかなか美味しかったし。

チャイナタウン

チャイナタウンを散策。ホームレス、多いです。ハワイも不況なんですってよ。この辺りは夜は絶対に歩けないね。ワイキキのホテルに戻ってチェックイン。そういえば今回はツアーを申し込んだ東京の旅行会社がチェックインを 13時にしてくれていたようで、部屋もオーシャン・ビューのなかなか眺望の良い部屋でした。

ベッドでうとうとしていたら「そういえばゼッケンもらいにいくんじゃなかったっけ?」お~、そうだった! 今回から日本人参加者には事前のブリーフィングが課せられていて、それに参加しないとゼッケンがもらえないんだった。一応 1時間ごとに開催されているのだけれど、時計を見るとあと 20分くらいで15時の回が始まる。会場の HYATTへ急ぐとちょうどスタートの時間でした。ブリーフィングの内容は特に目新しいことはなかったけれど、コース内に工事中の場所があるので今回は迂回ルートになるらしい。ゼッケンを受け取ってやれやれ。

チーケー
17時にてっちゃん隊員と待ち合わせ。夕飯は無難にチーズケーキ・ファクトリー(以下チーケー)ということに。チキンのスパイシー揚げは旨かったな~。イカのリングフライでビールを呑んだら、その晩再びエラいことになりました。こういうのを "反省が無い" と・・・

ち~け~


明日は試走を兼ねて KCCファーマーズ・マーケットへ行く予定。早めに寝たけれど明け方に蕁麻疹が痒くて目が覚めた。少しは学習しようね・・・



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ
『ホノルル・センチュリーライド2008』 から、たった今、無事に帰ってきました。ヨメが 100マイル完走を果たしました! やった~! 

詳細はボチボチと・・・ :-)





テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

  • Author: ゆうてんじ
  • 元・目黒区祐天寺在住。人生とうとう半世紀だ・・・なんていってるうちにアラ還だぜぃwww。このブログのいきさつはこちらに

    にほんブログ村 自転車ブログへ

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。